ミスティックベリーダンス

~サラスワティの舞~ by KIKI

ゆっくり踊ってみましょう

私達の内なる女神を祝福するこの聖なる旅。
芸術と水の女神でもある美しいサラスワティもお呼びしましょう。

彼女のエナジーの象徴でもある水晶の珠をイメージしたり、また風にそよぐシルクの羽衣ベールでゆっくり踊ってみましょう。(羽衣はお貸しいたします)
イベントやパーティに行く時ちょっぴり踊れたら楽しいもの。もちろん、日々のボディメンテナンスとして、お祈りとして。
貴女のお守りのようなダンスにしてください。

後半はもう自然と、自由な風や香る花になってしまいますよ!
ダンス!それは命の根源的な悦びのアート!
貴女が 神様の、地上の、自分自身の、悦びそのものになること!

サラスワティの舞

バリ・ヒンズーでは芸術と学問の守護女神として絶大な人気のサラスワティ。
KIKIが毎年のようにバリをおとずれていた頃 (2002~2010年)は 、街なかや寺院でその優美なお姿を見ることが出来る、サラスワティに会いたくて来ていました。
(もちろん大好きなロータス・フラワーやスパ、クリームバス、時折出会うことのできる祭礼やお祈りの姿といった素顔のバリ、
肌をほっとさせてくれる風、美味しいご飯にetc 楽しみやときめきの尽きないバリも魅力ですね。)

ヒンズーの神サラスワティは、仏教伝来とともに日本では弁才天として有名になりました。のちに財宝の神様としての性質が加わり、弁財天と表記されることも多いのですね。

明治時代に入って神仏習合が禁止されたあと、弁才天を祭っていた神社では海の守護女神 市杵島姫や、大祓祝詞の縄文水神 瀬織津姫が弁才天として祀られる例もあります。
インドやタイ、日本の弁財天様は、蓮の花や白鳥に御鎮座されている像が多いのですが、バリのサラスワティは・・・蓮池の上にて踊っていらっしゃいます!

KIKIの守護女神でもあるサラスワティ=弁財天=市杵島姫命からインスピレーションを授かったまったく新しいスタイル。

ダンスがはじめての方にこそ素敵なきっかけになるといいなと思います。
旅が終わるころには思い切り優雅に羽が伸びた、自信に満ちた女神が鏡の中にいるはずですよ♪

お問い合せ
y[Wgbv